板野郡で★症状★にお悩みならみらい接骨院へ

座骨神経痛

座骨神経痛とは

腰から足にかけて伸びている「坐骨神経」が筋肉の緊張などで圧迫されることで痛みや痺れといった症状を引き起こしてる状態のことをいいます。

痛みやしびれだけではなく冷感、だるさや辛さも出現します。
腰痛や臀部(おしり周辺)の痛みに始まり、太ももの後ろやすね、足先など、下半身全体に痛みやだるさが広がる場合もあり、痛みの原因と疾患よっては歩行が困難になる、座っていられなくなる、排泄ができなくなるなどの重い症状を引き起こすこともあります。

座骨神経痛を伴う代表的な疾患と症状

脊柱管とは背骨の中にある通り道のようなものです。背骨にある椎間板や靭帯などが加齢とともに老化し変形していきます。その結果脊柱管内が狭くなり、神経を刺激してお尻や太ももなどに痛みや痺れを引き起こします。
坐骨神経は骨盤のところで梨状筋という筋肉のトンネルを通ります。この筋肉は通常柔らかいのですが負担がかかって硬くなってしまうとお尻や太ももの裏側に痛みが生じたり、坐骨神経を圧迫して痺れが出てきてしまいます。激しい運動などによって症状が発生する場合、もしくは中腰姿勢での作業や長時間のデスクワークなど梨状筋に負担をかけるような作業で発生することもあります。
背骨と背骨の間にクッションのようなものがあります。そこに負担がかったり、加齢によって老化すると徐々に壊れ、クッションの中身が外に飛び出て背骨の中を通る神経に負担をかけて痛みや痺れを起こします。
加齢は普段のから姿勢が悪い状態で生活を送っていると背骨が変形し、背骨の中を通る神経を圧迫し痛みや痺れを起こします。これらの疾患が原因となり坐骨神経痛が起こってしまいます。
POINT

坐骨神経痛はある特定の病気ではなく、上記の症状全てを指す総称です。

このようなお悩みありませんか?

  • 腰を反ると足に痛みや痺れを感じることがある
  • 長時間座り続けるとおしりに痛みや痺れがでてくる
  • 歩いていると痛みが出てきてしまい長時間の歩行が困難になる
  • お尻から足にかけて痛みがある
  • 立ち上がる時にお尻から太ももにかけて痛みが出る

座骨神経痛が改善されない理由

日常生活での悪い姿勢が腰に負担をかけてしまい症状が出現します。

仕事で同じ姿勢を繰り返し筋肉が固まったり、姿勢が偏ってしまうことで坐骨神経に負担がかかってしまうケースが多く、日々の積み重ねによって起きてしまうものです。

日常生活での身体の使い方は人によってさまざまであり、同じ動作でも置かれている環境や状況によって身体への負担は大きく変わっていきます。ですから、各個人に合わせて日常生活での悪い姿勢を自覚し、改善していかなければ良くなることはとても難しいです。

腰痛ポジティブイメージ画像

当院と病院と他院の違い

比較表

みらい接骨院の座骨神経痛に対してできること(施術内容)

ハイボルト治療

ハイボルト治療
痛みがきつく出ている方には、痛みの早期改善に適した特別電気治療をいたします。細胞の再生力を高め、お仕事など復帰が早くなります。

骨盤矯正

骨盤矯正
お身体のゆがみに対しては、矯正専用のベッドを使い、患者様の体重を利用して行う施術で骨盤のゆがみを整えていきます。

JOYトレ

JOYトレ
骨格を支えるインナーマッスルを鍛えるメニューになります。JOYトレ(複合高周波EMS)によって鍛え再発しない体作りを行います。

動作指導や運動指導

施術効果の確認・・アドバイス
日常生活をどのように過ごすのかで症状が変わりますので、日常生活動作でのアドバイスや改善方法をお話いたします。

来店から施術までの流れ

当院が選ばれる理由

  • 慢性的な痛みが取れて再発しない体つくりが出来る
  • 矯正専用のベッドを使用し患者様の体に合わせたオーダーメイド施術
  • 痛みのない無理のない矯正
  • ベビーベッド完備!お子様連れでも安心して通院可能
  • JOYトレ(インナーマッスルトレーニング)と併用で更に効果アップ

初回料金

腰痛オファー
肩こりオファー

ご予約・お問い合わせ

友だち登録でLINE予約可能!
さらに特典GET!
  • 特典124時間いつでも予約可能
  • 特典2当院の自費メニューに使える500円のプリペイドカードをプレゼント
  • 特典3来院毎にポイントも貯めれてお得
  • 特典4LINEでのお体のお悩み相談無料
営業時間
9:00〜12:00
15:00〜20:00
  • 土・祝・祭/9:00~15:00
  • 定休日
    日曜・GW・お盆・年末年始
  • 最終受付時間
    (平日)午前12:00まで/午後20:00まで
    (土・祝・祭)15:00まで
お問い合わせ

所在地